ほっとする懐かしい趣はそのままに
温故知新が魅力の和モダンな家

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例

  • 施工事例



ほっとする懐かしい趣はそのままに
温故知新が魅力の和モダンな家


昔ながらの瓦屋根、尖らないフォルム。
どこかホッとする佇まいでありながら、「ライトグレー × 黒の木目」の垢抜けた組み合わせが、どことなくモダンさも醸し出す外観。
落ち着いた印象の引き戸のドアをくぐると、板張りの天井に障子、ふすま。
和を感じさせる、ウッディーな空間が出迎えてくれます。

アーチ形の垂れ壁の先には、明るく開放的なLDK。
まるみを帯びたRの壁に、お部屋に上質さをプラスする間接照明。
無機質なグランジ感がスタイリッシュなGRAFTEKTのキッチン。
LDKは全体的にモダンなテイストに仕上げられており、
家族の「ただいま」が聞こえるリビング階段が2階へと続きます。
和室は、老舗旅館を思わせるような、床の間のある落ち着いた空間。その外側には風情ある縁側が。
窓の内側にある"くれ縁"なので、雨の日にも居心地の良い癒しの時間を提供してくれます。

情緒ある風情とモダンな暮らしが融合する、温故知新が魅力の和モダンな家が完成しました。



RENOVATION STORY

閑静な住宅地に建つ築34年の木造一戸建て。所有者が相続したものを、他社の不動産会社が購入。 当初は解体して販売する予定だったものを、事情があり現状で手放すことに。古家付き土地として当社への買取依頼がありました。


BEFORE ▼▼▼

  • リノベーション前キッチン
  • リノベーション前ダイニング
  • リノベーション前水まわり
  • リノベーション前リビング

築年数は建っていたものの、丁寧に住まわれていた為、建物の状態は非常に良好。 リノベーションにて家の価値を復活出来ると判断し、購入を決断。 地域の空き家問題解決やバリューアップ等を目的とし、これからの既存住宅のあるべき姿の一つとなることを目指し企画。 リノベーションプロジェクトとして着手することとなります。


リノベーションは、アトリエ建築家と共に。 デザイン性と性能の向上を図り、弊社と二人三脚でつくり上げることとなりました。


AFTER ▼▼▼

  • リノベーション後
  • リノベーション後
  • リノベーション後
  • リノベーション後

着手前の状態では、少し古めかしい印象だった室内を、古き良き趣はそのままに、暮らしやすさとデザイン性を叶えるモダンさもプラス。
和の情緒ある心地よさと、モダンな暮らしやすさの良いとこ取りをしたような、温故知新魅力な空間が実現されました。
お庭も、リガーデンし、瑞々しい植栽でスッキリとした印象に。
耐震性の向上など、性能面もUPすることとなりました。


【 設計 】

設計会社藤井亮介建築研究所
建築家藤井亮介 氏


【 物件概要 】

所在地奈良県奈良市
敷地面積310.92m²
建物面積146.92m²
築年月昭和63年12月


【 改修ポイント 】

耐震改修耐震等級2相当の確保
改修範囲外壁塗替え(一部デザイン性向上の為の改修)・住設交換・内装新設・リガーデン
間取り変更コンセプト暮らし方の変化や居心地に繋がるデザイン性
その他瑕疵保険付保


Menu